実際の負荷変動時において、ボイラの運転・停止を含め長時間使用する場合の総合的なボイラ効率です。