生ごみや家畜の糞尿、下水汚泥などの有機性廃棄物を嫌気性微生物によってメタン発酵させることで得られる可燃性ガスのことをいい、メタンガスと二酸化炭素を主成分とします。未利用の再生可能エネルギーであるため、その有効利用は地球温暖化対策のひとつとして期待されています。