このページの本文へ移動します。

目的別検索 CSRコンテンツ一覧

報告について

第三者意見・第三者検証

第三者意見

インタビューの様子(左から、國部克彦さま、梨岡英理子さま、CSR・環境部 部長 津田恵、CSR統括 宮川正)

インタビューの様子
(左から、國部克彦さま、梨岡英理子さま、
CSR・環境部 部長 津田恵、
CSR統括 宮川正)

Daigasグループは簡易な審査を含んだ「評価・勧告タイプ」の第三者意見を(株)環境管理会計研究所にお願いしました。

当社グループのCSRにかかわる活動がどのように計画実行されているのか、CSR統括(副社長 宮川正)がインタビューを受けました。

「長期経営ビジョン2030・中期経営計画2020」に掲げたESG経営やSDGsを考慮した取り組み、また見直したマテリアリティ指標の考え方や新たな価値創造のために取り組むべき課題などについて活発な質疑応答が行われました。これらのインタビューをもとに、当社グループのCSR活動に対する総評と助言をまとめた意見書をいただきました。

CSR経営評価意見書

CSR経営評価意見書

第三者検証

ビューローベリタスジャパンロゴ

本レポートに掲載するDaigasグループの環境パフォーマンスデータについて、ビューローベリタスジャパン(株)による第三者検証を受けました。CSRレポートに記載する目的に合った信頼性および正確性があるかどうかを検証していただきました。

DaigasグループCSR レポート2018 第三者検証報告(抜粋)

ビューローベリタスジャパン株式会社(以下、ビューローベリタス)は、大阪ガス株式会社(以下、大阪ガス)の責任において作成された「DaigasグループCSRレポート2018」に記載される環境関連データのうち、大阪ガスから要請のあったものに対して検証およびレビューを実施した。

1.検証およびレビュー概要
第三者検証

上記の画像をクリックで
PDFが開きます(529KB)

1)事業活動に伴う環境関連データ

ビューローベリタスは、以下のデータについて検証を行った。検証は、現時点での最良の事例に基づき、ビューローベリタスが定める非財務情報報告に対する第三者検証の手順とガイドラインを使用して実施された。ビューローベリタスは、本報告書に示された範囲に対して限定的保証を行うにあたり、国際保証業務基準(ISAE)3000を参考にした。

検証対象

以下の項目に関する2017年度の環境関連データのうち、大阪ガスが指定したもの

  • エネルギー使用量
  • 大気への排出
  • 取水と排水
  • 化学物質
  • 廃棄物
  • 環境負荷抑制
  • 環境経営指標
  • 都市ガス販売量
  • 環境行動目標に対する2017年度実績

ただし、各データにおける報告範囲は大阪ガスの決定に基づく。

2)CO2排出削減貢献量

ビューローベリタスは、以下のデータについてレビューを行った。レビューは、ビューローベリタスが定めるサステナビリティ報告に対する第三者レビューの手順を使用して実施された。

レビュー対象

以下の項目に関する2017年度の環境関連データのうち、大阪ガスが指定したもの

  • 2017年度の大阪ガスの事業活動によるCO2排出削減貢献量
  • 2017年度におけるお客さま先でのCO2排出削減貢献量

ただし、各データにおける報告範囲と算定方法は大阪ガスの決定に基づく。

2.検証およびレビュー概要

上述した方法および活動によれば、

  • 検証およびレビューにおいて確認した情報が正確でない、および対象期間における実績を適切に反映していないことを示す事項は発見されなかった。
  • 大阪ガスは、検証およびレビューの対象範囲における定量的なデータについて、収集・集計・分析のための適切な仕組みを構築していると考えられる。

ビューローベリタスは、全社員の日常業務活動において高い水準が保たれることを目指すためのビジネス全般にわたる倫理規定を定め、特に利害の対立を避けることに配 慮しています。大阪ガスに対するビューローベリタスの活動は、サステナビリティ報告に対するものだけであり、我々の検証業務がなんら利害の対立を引き起こすことはないと考えます。

 

温室効果ガス排出量検証報告書(抜粋)

ビューローベリタスジャパン株式会社(以下、ビューローベリタス)は、「DaigasガスグループCSRレポート2018」において大阪ガス株式会社(以下、大阪ガス)により報告される、2017年4月1日から2018年3月31日の期間の温室効果ガス排出量に対して検証を行った。

1.検証範囲
第三者検証

上記の画像をクリックで
PDFが開きます(505KB)

大阪ガスはビューローベリタスに対し、以下の温室効果ガス排出量情報の正確性について検証し限定的保証を行うことを依頼した。

  1. スコープ1およびスコープ2温室効果ガス排出量(大阪ガスおよび国内の連結子会社57社の事業活動に伴う温室効果ガス排出量)
  2. スコープ3 温室効果ガス排出量のうち、カテゴリー1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 9, 11, 12, 13, 14 の排出量。ただし、各カテゴリーにおける算定範囲は大阪ガスの決定に基づく。
2.検証方法

ビューローベリタスは、ISO14064-3(2006): Greenhouse gases - Part 3: の要求事項に従って検証を行った。

3.結論

実施した検証活動およびプロセスによれば、温室効果ガス排出量に関する主張が以下であることを示す証拠は認められなかった。

  • 著しく正確性を欠き、対象範囲における温室効果ガス排出量データを適切に表していない
  • 大阪ガスが定めた温室効果ガス排出量算定方法に従って作成されていない

第三者意見をいただいて

大阪ガス株式会社副社長執行役員宮川正

大阪ガス株式会社
代表取締役 副社長執行役員
CSR統括
宮川 正

エネルギー事業者として、気候変動対策を進めていくことの重要性を改めて強く認識しました。

CO2削減への貢献については、Daigasグループで掲げる「長期経営ビジョン2030」で目標数値を明示しましたが、引き続き、各取り組みの進捗を踏まえ着実に進めたいと考えています。また気候変動のリスクと機会についても、様々なケースを想定・分析し、今後とも事業に反映させていきます。

なお、今回のマテリアリティ見直しでは、人材面での取り組みにスポットをあてました。今年度は、社員意識調査も踏まえ、各指標の進捗を管理することで、働き方改革を一層推進していきたいと考えています。あわせて、SDGsの浸透を図ることで、社会課題を起点にしつつ社員一人ひとりの創意工夫や、進取の気性の発揮を促し、イノベーションの創出に取り組みます。

引き続き、「DaigasグループCSR憲章」に基づき「お客さま価値」「社会価値」「株主さま価値」「従業員価値」の創造を効果的に推進し、「暮らしとビジネスの“さらなる進化”のお役に立つ企業グループ」の実現に努めていきます。

DaigasグループのCSR

トップコミットメント
Daigasグループの
経営とCSR
Daigasグループ
CSR方針集
特集 持続可能な開発目標
(SDGs)への貢献
コーポレート・ガバナンス
ステークホルダー
エンゲージメント
Daigasグループの
バリューチェーン
優先的な取り組み
CSR憲章Ⅰ
お客さま価値の創造
CSR憲章Ⅱ
環境との調和と
持続可能な社会への貢献
CSR憲章Ⅲ
社会とのコミュニケーションと
社会貢献
CSR憲章Ⅳ
コンプライアンスの推進と
人権の尊重
CSR憲章Ⅴ
人間成長を目指した企業経営
ESGデータ集
報告について
このページのトップへ戻る
トップコミットメント
Daigasグループの経営とCSR
インデックス
Daigasグループ企業理念・
CSR憲章
Daigasグループ企業行動基準
国連グローバル・コンパクトと
ISO26000
長期経営ビジョン2030
中期経営計画2020
DaigasグループCSR方針集
特集
持続可能な開発目標(SDGs)
への貢献
社会の課題にエネルギーで応える
SDGsの社内浸透活動
コーポレート・ガバナンス
コーポレート・ガバナンス
リスクマネジメント
CSRマネジメント
ステークホルダー
エンゲージメント
ステークホルダーとの対話と協働
ステークホルダーへの対応
Daigasグループの
バリューチェーン
バリューチェーンにおける
CSRの取り組み
主なエネルギーバリューチェーンが
社会に与える影響とCSRの取り組み
サプライチェーンにおける
CSRの取り組み
電力・ガスシステム改革
優先的な取り組み
マテリアリティについて
顧客の安全衛生
製品・サービスの安全表示
エネルギー消費量/
大気への排出
排水および廃棄物
地域コミュニティ
顧客プライバシー
苦情処理の仕組み
サプライヤーの評価
CSR憲章Ⅰ
お客さま価値の創造
インデックス
CSR指標
安心・安全1 調達段階
安心・安全2 製造段階
安心・安全3 供給段階
安心・安全4 消費段階
お客さまの声を生かす
取り組み
新たな価値提案
CSR憲章Ⅱ
環境との調和と持続可能な
社会への貢献
インデックス
CSR指標
環境経営
環境行動目標
Daigasグループ
バリューチェーンの環境負荷
(2017年度)
気候変動によるリスクと機会
CO2排出削減効果の評価方法と
実績
低炭素社会実現に向けた
事業活動における貢献
低炭素社会実現に向けた
お客さま先での貢献
資源循環に向けた取り組み
生物多様性への取り組み
環境技術への取り組み
環境リスクへの対応
グリーン購買、
グリーン配送の促進
環境コミュニケーション
CSR憲章Ⅲ
社会とのコミュニケーションと
社会貢献
インデックス
CSR指標
社会貢献活動
企業ボランティア活動
「“小さな灯”運動」
社会とのコミュニケーション活動
財団活動
CSR憲章Ⅳ
コンプライアンスの推進と
人権の尊重
インデックス
CSR指標
コンプライアンスの推進
人権啓発への取り組み
個人情報保護の取り組み
情報セキュリティ
お取引先の方などからの
相談・報告
CSR憲章Ⅴ
人間成長を目指した企業経営
インデックス
CSR指標
雇用
多様性の受容
ワーク・ライフ・バランス
人材育成と処遇
従業員と会社のコミュニケーション
安全衛生
ESGデータ集
環境パフォーマンスデータ
社会データ
ガバナンスデータ
報告について
CSR報告方針
外部からの評価・表彰
第三者意見・第三者検証
レポートダウンロード
創業110年の歩み
ガイドライン対照表
CSRレポート2018
用語集
目的別検索
アンケート
トピックス
バックナンバー
CSRサイトマップ