このページの本文へ移動します。

目的別検索 CSRコンテンツ一覧

優先的な取り組み

マテリアリティ(2014-16年度)の特定プロセス

本レポートは、持続可能性報告書における世界的ガイドラインであるサステナビリティ・レポーティング・ガイドライン第4版(GRIガイドライン第4版)が示す手順に則って編纂しています。このガイドラインでは、ガイドラインが提示する側面のうち、企業や企業を取り巻くステークホルダーにとって重要なものを特定し、その特定のプロセスや特定した側面への取り組み状況を開示することを求めています。

ここでは、2013年度に実施した大阪ガスグループにおけるCSRの重要側面(マテリアリティ)の特定について、どのように特定したか、そしてその後どのように管理しているのかについてご説明します。

サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン第4版(GRIガイドライン第4版)
社会の持続的な発展を可能にするため、事業者による方針策定、計画立案、具体的取り組み等の促進を目指して、国際的NGOである「グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)」が作成した持続可能性報告書ガイドラインです。このガイドラインは、社会の持続可能性に関わる側面を、経済、環境、労働、人権、社会、製品の分野ごとにまとめ、これらの側面について事業者が事業活動のなかで取り組むべき項目および開示すべき情報を提示しています。2000年に第1版が発行されて以降、改訂を重ね、2013年に第4版(GRIガイドライン第4版)が発行されました。GRIガイドライン第4版では、影響の大きな側面を「マテリアリティ」として特定し、その特定のプロセスをはじめ、特定した側面の管理方法や指標の開示を求めています。

DaigasグループのCSRにおける重要側面(マテリアリティ)の検討

Daigasグループは、総合エネルギー事業者としての活動が社会に及ぼす影響を把握し、影響の可能性や影響そのものを管理しながら事業を行うべきだと考えています。当社グループの事業が影響を及ぼす範囲は、お客さま、地域社会、お取引先、株主さま、従業員など様々です。当社グループの社会的責任として、GRIガイドライン第4版に記載の手順に沿って、当社グループの事業が持つ特性や展開地域等を念頭に、ステークホルダーの皆さまのご意見を伺いながら、2013年度時点において特に重要な側面を特定しました。特定したマテリアリティに対してはマネジメント方法を整理・強化し、2014年度から経年変化を報告するとともに、社会の変化とともに必要に応じて見直しを図っていきます。

どのようにマテリアリティを特定したか

GRIガイドライン第4版に提示されている特定プロセスに準拠し、以下の手順を経て2013年度にマテリアリティを特定しました。

マテリアリティ特定のプロセス(GRIガイドライン第4版に準拠した手順にて実施)

STEP1.事業地域、業種に即した、影響範囲の整理

GRIガイドライン第4版が提示している46の側面について、Daigasグループの展開する事業分野ごとに、業種や事業地域を勘案して、その影響範囲(バウンダリー)を整理しました。

STEP2.重要度の分析、優先順位の仮定(自社の視点による)

上記の46の側面について、当社グループの各事業が社会に及ぼす影響の定量評価を行いました。評価にあたっては、長期経営ビジョン「Field of Dreams 2020」の進捗状況から2020年時点の活動状況を予測し、各側面と事業との関連度や、事業活動が及ぼす影響の大きさを分析しました。また、当社グループの経営理念やCSR憲章、企業行動基準等との整合性を踏まえて、優先順位を仮定しました。

STEP3.妥当性の確認(外部有識者の視点による)

ステップ2で仮定した優先順位について、外部有識者等、専門家の方々に、有識者の視点から妥当性を評価していただきました。その後、自社視点と外部有識者の視点による重要性の評価結果を、「マテリアリティ分析マップ」として整理しました。

STEP4.優先順位、マテリアリティの確定

上記の「マテリアリティ分析マップ」から、自社、および外部有識者の視点で重要性が最も高いと判断したテーマを、当社グループにおける中期的な「マテリアリティ」として特定しました。これらのマテリアリティについて、指標や取り組み状況を報告していくにあたって、関係部署と十分な議論を行い、最終的に、当社グループのCSRに関する最高意思決定機関である「CSR推進会議」での承認をもって決定しました。

活動の経年評価および見直し

重要な側面のバウンダリー

マテリアリティを特定するために、組織のすべての活動、製品、サービス、関係性による影響が「組織内」「組織外」どこで発生するかを認識したうえで、バウンダリー(対象範囲)を特定しています。

      組織内 組織外
経済 1 財務パフォーマンス  
2 地域での存在感
3 間接的な経済影響  
4 調達慣行
環境 5 原材料
6 エネルギー
7
8 生物多様性
9 大気への排出
10 排水および廃棄物
11 製品およびサービス
12 コンプライアンス
13 輸送・移動  
14 環境全般  
15 サプライヤーの環境評価
16 環境に関する苦情処理制度
社会 労働慣行とディーセントワーク 17 雇用
18 労使関係
19 労働安全衛生
20 研修および教育
21 多様性と機会均等
22 男女同一報酬
23 サプライヤーの労働慣行評価
24 労働慣行に関する苦情処理制度
人権 25 投資
26 非差別
27 結社の自由と団体交渉
28 児童労働
29 強制労働
30 保安慣行
31 先住民の権利
32 人権評価
33 サプライヤーの人権評価
34 人権に関する苦情処理制度
社会 35 地域コミュニティ
36 腐敗防止
37 公共政策
38 反競争的行為
39 コンプライアンス
40 サプライヤーの社会影響への影響評価
41 社会への影響に関する苦情処理制度
製品責任 42 顧客の安全衛生
43 製品およびサービスのラベリング
44 マーケティング・コミュニケーション
45 顧客プライバシー
46 コンプライアンス

背景色 特定したマテリアリティ

DaigasグループのCSR

トップコミットメント
Daigasグループの
経営とCSR
Daigasグループ
CSR方針集
特集 持続可能な開発目標
(SDGs)への貢献
コーポレート・ガバナンス
ステークホルダー
エンゲージメント
Daigasグループの
バリューチェーン
優先的な取り組み
CSR憲章Ⅰ
お客さま価値の創造
CSR憲章Ⅱ
環境との調和と
持続可能な社会への貢献
CSR憲章Ⅲ
社会とのコミュニケーションと
社会貢献
CSR憲章Ⅳ
コンプライアンスの推進と
人権の尊重
CSR憲章Ⅴ
人間成長を目指した企業経営
ESGデータ集
報告について
このページのトップへ戻る
トップコミットメント
Daigasグループの経営とCSR
インデックス
Daigasグループ企業理念・
CSR憲章
Daigasグループ企業行動基準
国連グローバル・コンパクトと
ISO26000
長期経営ビジョン2030
中期経営計画2020
DaigasグループCSR方針集
特集
持続可能な開発目標(SDGs)
への貢献
社会の課題にエネルギーで応える
SDGsの社内浸透活動
コーポレート・ガバナンス
コーポレート・ガバナンス
リスクマネジメント
CSRマネジメント
ステークホルダー
エンゲージメント
ステークホルダーとの対話と協働
ステークホルダーへの対応
Daigasグループの
バリューチェーン
バリューチェーンにおける
CSRの取り組み
主なエネルギーバリューチェーンが
社会に与える影響とCSRの取り組み
サプライチェーンにおける
CSRの取り組み
電力・ガスシステム改革
優先的な取り組み
マテリアリティについて
顧客の安全衛生
製品・サービスの安全表示
エネルギー消費量/
大気への排出
排水および廃棄物
地域コミュニティ
顧客プライバシー
苦情処理の仕組み
サプライヤーの評価
CSR憲章Ⅰ
お客さま価値の創造
インデックス
CSR指標
安心・安全1 調達段階
安心・安全2 製造段階
安心・安全3 供給段階
安心・安全4 消費段階
お客さまの声を生かす
取り組み
新たな価値提案
CSR憲章Ⅱ
環境との調和と持続可能な
社会への貢献
インデックス
CSR指標
環境経営
環境行動目標
Daigasグループ
バリューチェーンの環境負荷
(2017年度)
気候変動によるリスクと機会
CO2排出削減効果の評価方法と
実績
低炭素社会実現に向けた
事業活動における貢献
低炭素社会実現に向けた
お客さま先での貢献
資源循環に向けた取り組み
生物多様性への取り組み
環境技術への取り組み
環境リスクへの対応
グリーン購買、
グリーン配送の促進
環境コミュニケーション
CSR憲章Ⅲ
社会とのコミュニケーションと
社会貢献
インデックス
CSR指標
社会貢献活動
企業ボランティア活動
「“小さな灯”運動」
社会とのコミュニケーション活動
財団活動
CSR憲章Ⅳ
コンプライアンスの推進と
人権の尊重
インデックス
CSR指標
コンプライアンスの推進
人権啓発への取り組み
個人情報保護の取り組み
情報セキュリティ
お取引先の方などからの
相談・報告
CSR憲章Ⅴ
人間成長を目指した企業経営
インデックス
CSR指標
雇用
多様性の受容
ワーク・ライフ・バランス
人材育成と処遇
従業員と会社のコミュニケーション
安全衛生
ESGデータ集
環境パフォーマンスデータ
社会データ
ガバナンスデータ
報告について
CSR報告方針
外部からの評価・表彰
第三者意見・第三者検証
レポートダウンロード
創業110年の歩み
ガイドライン対照表
CSRレポート2018
用語集
目的別検索
アンケート
トピックス
バックナンバー
CSRサイトマップ