このページの本文へ移動します。

目的別検索 CSRコンテンツ一覧

CSR憲章Ⅳコンプライアンスの推進と人権の尊重

人権啓発への取り組み

取り組みの背景・考え方

Daigasグループは、人権はあらゆる場面で最大限に尊重されるべきものであると考えています。役員・従業員はこのことをしっかりと自覚し、人権に関する正しい知識を身につけて行動することが求められます。また、グローバルな事業展開にあたっては、各国・地域の法令遵守や、人権などの国際規範の尊重、文化や慣習、ステークホルダーの関心に配慮することとしています。そのため、人権意識の向上と知識の定着などを目的とした人権研修や啓発活動に取り組んでいます。

人権啓発体制

Daigasグループ全体で人権啓発活動を推進

Daigasグループ全体で人権啓発活動を進めていくために、大阪ガスの人事部担当役員を委員長とする「全社人権啓発推進委員会」を組織し、活動方針を決定しています。

この方針に基づいて、人事部内の「人権啓発センター」が階層別研修、人権講演会、人権標語募集等の企画・立案・実施、各組織への協力・支援等を行っています。人権標語は上位入賞作品をポスターにしてグループの全オフィスに掲示し、日常的な意識啓発に活用しています。

各事業部および主要関係会社を一単位とし、それぞれに設けた「各組織人権啓発推進委員会」が方針や人権関連情報の伝達、各種社外講習への参加促進、人権標語募集の促進を行っています。また、「全社人権啓発推進委員会」は各組織との情報共有・意見交換等を通じてグループ全体の課題の把握に努めています。さらに、各事業部と主要関係会社に「人権啓発推進リーダー」を設置し、各組織での日常的な人権問題への対応を行っています。

なお、相談・報告の受付窓口「コンプライアンス・デスク」においても、人権全般に関する相談・報告を受け付けています。

体制の組織図

体制の組織図
<全社人権啓発推進委員会役割>
  1. 全社の人権啓発活動方針の策定と活動結果のフォロー
  2. 人権啓発活動の推進についての全社的な調整
  3. 人権課題等に関する情報の共有化
<全社人権啓発推進幹事会役割>
  1. 各組織の人権啓発計画・人権推進担当者の育成に関わる施策立案と調整
  2. 各組織における人権啓発推進計画の進捗フォロー
  3. 人権課題等に関する情報の共有化
<各組織人権啓発推進委員会役割>
  1. 全社の基本方針に基づいた、各組織における人権啓発活動計画の策定・実施と人権啓発センターへの報告
  2. 各従業員に対する人権啓発推進および関連情報の提供
  3. 各組織における人権関連課題に関する相談窓口
  4. 人権関連課題に関する管轄行政機関に対する窓口業務
<(各所属・会社)人権啓発推進員役割>
  1. 各所属・各会社の全社員を対象に、講師として人権啓発研修を実施
  2. 各所属・各会社における人権関連相談の一次窓口
  3. 障がいのある社員からの合理的配慮等に対する相談窓口
<人権啓発センター役割>
  1. 人権啓発推進委員会・幹事会の事務局
  2. 人権啓発に関する計画の検討・実施
  3. 人権啓発推進担当者の育成とその活動支援
  4. 人権課題等に関する情報の収集と発信
  5. 外部人権関連団体等の活動への参画
  6. Daigasグループの人権関連課題に関する相談窓口

人権に関する啓発活動

2017年度の人権啓発活動

2018年度人権標語・コンプライアンス標語ポスター

2018年度人権標語・コンプライアンス
標語ポスター

カラーユニバーサルデザイン検証合格証

カラーユニバーサルデザイン検証
合格証

Daigasグループでは、年度ごとに人権啓発のスローガンと活動計画を策定し、人権を尊重する職場風土の醸成に努めています。

2017年度は、「人権尊重の職場風土を醸成する −思い込まずに聞いてみよう・話してみようー」のスローガンのもと、当社グループの人権啓発体制の充実・強化、人権啓発・教育の充実、当社グループへの人権関連情報の発信、対外活動の積極的参画と各種情報の収集等の計画を策定・実行しました。

標語の応募数は人権標語が9,357件で前年度から約2,600件増加しました。また、同時に募集しているコンプライアンス標語も10,467件の応募があり、こちらも前年度から約3,100件増加し、いずれも過去最多となりました。

人権標語 最優秀賞・優秀賞

<最優秀賞>

  • 話すとき 相手の顔見て 心見て

<優秀賞>

  • 違うかも わたしとあなたの あたりまえ
  • 相手の言葉に関心を 自分の言葉に責任を
  • 「それいいね」 飛び交う職場 笑顔あり
  • イノベーション 原動力は 多様性

なお、2017年度から「人権標語・コンプライアンス標語ポスター」は様々な色覚特性をお持ちの方にも分かりやすく見ていただけるように、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構※1が実施している検証に合格したため、CUDマーク※2を表示しています。

また、当レポート冊子と企業案内冊子「Daigasグループの現状2018」もカラーユニバーサルデザイン検証に合格しました。

※1 NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)
社会の色彩環境を多様な色覚を持つ様々な人々にとって使いやすいものに改善していくことで、「人にやさしい社会づくり」をめざすNPO 法人です。かつて色盲・色弱・色覚異常などと呼ばれた人たちや高齢者、ロービジョンの方たちにも分かりやすい色づかいの社会をつくります。(CUDOホームページより)
※2 カラーユニバーサルデザイン(CUD)マーク
色覚の個人差を問わずできるだけ多くの人に見やすいカラーユニバーサルデザインに配慮して作られた印刷物、製品等に表示できるCUDOが認証するマークです。

階層別の人権研修を実施

組織長・管理者向け人権講演会

組織長・管理者向け人権講演会

Daigasグループでは、下表のとおり、役員、管理者、新入社員を対象にした階層別の人権研修を実施しています。

新任管理者人権研修では、相互討議を交えた講義とビデオ学習で「企業と人権」について学びます。各組織や関係会社の組織長・管理者クラスを対象に、社外講師を迎えての人権講演会も実施しています。

また、各組織で選任された人権啓発推進員が実施している全社員向け人権研修は、2017年度は差別解消三法などの周知を目的として「前年度施行された人権に関する法律を知ろう」をテーマに実施し、グループ会社を含めて約18,000人が受講しました。

従業員研修実績

対象者 実施時期 延べ参加人数(人)
役員 11月 27
組織長・管理者 5、7、8、11、12月 402
新入社員 4月 127
全社員研修 8〜3月 18,000
関係会社管理者 5、11月 76
関係会社新入社員 4、6、11、2月 158
関係会社個別研修 通年 287
その他(推進委員会ほか) 通年 165
合計 約19,200

各部門の人権啓発推進リーダーの育成

各部門の人権啓発推進リーダーの育成には、社外の各種講座を利用した教育も推進しています。2017年度は延べ93人が参加しました。

社外研修実績

講座名 延べ参加人数(人)
同和・人権問題啓発講座(管理職層) 93
人権・同和問題企業啓発講座
部落解放・人権夏期講座(高野山)
その他

DaigasグループのCSR

トップコミットメント
Daigasグループの
経営とCSR
Daigasグループ
CSR方針集
特集 持続可能な開発目標
(SDGs)への貢献
コーポレート・ガバナンス
ステークホルダー
エンゲージメント
Daigasグループの
バリューチェーン
優先的な取り組み
CSR憲章Ⅰ
お客さま価値の創造
CSR憲章Ⅱ
環境との調和と
持続可能な社会への貢献
CSR憲章Ⅲ
社会とのコミュニケーションと
社会貢献
CSR憲章Ⅳ
コンプライアンスの推進と
人権の尊重
CSR憲章Ⅴ
人間成長を目指した企業経営
ESGデータ集
報告について
このページのトップへ戻る
トップコミットメント
Daigasグループの経営とCSR
インデックス
Daigasグループ企業理念・
CSR憲章
Daigasグループ企業行動基準
国連グローバル・コンパクトと
ISO26000
長期経営ビジョン2030
中期経営計画2020
DaigasグループCSR方針集
特集
持続可能な開発目標(SDGs)
への貢献
社会の課題にエネルギーで応える
SDGsの社内浸透活動
コーポレート・ガバナンス
コーポレート・ガバナンス
リスクマネジメント
CSRマネジメント
ステークホルダー
エンゲージメント
ステークホルダーとの対話と協働
ステークホルダーへの対応
Daigasグループの
バリューチェーン
バリューチェーンにおける
CSRの取り組み
主なエネルギーバリューチェーンが
社会に与える影響とCSRの取り組み
サプライチェーンにおける
CSRの取り組み
電力・ガスシステム改革
優先的な取り組み
マテリアリティについて
顧客の安全衛生
製品・サービスの安全表示
エネルギー消費量/
大気への排出
排水および廃棄物
地域コミュニティ
顧客プライバシー
苦情処理の仕組み
サプライヤーの評価
CSR憲章Ⅰ
お客さま価値の創造
インデックス
CSR指標
安心・安全1 調達段階
安心・安全2 製造段階
安心・安全3 供給段階
安心・安全4 消費段階
お客さまの声を生かす
取り組み
新たな価値提案
CSR憲章Ⅱ
環境との調和と持続可能な
社会への貢献
インデックス
CSR指標
環境経営
環境行動目標
Daigasグループ
バリューチェーンの環境負荷
(2017年度)
気候変動によるリスクと機会
CO2排出削減効果の評価方法と
実績
低炭素社会実現に向けた
事業活動における貢献
低炭素社会実現に向けた
お客さま先での貢献
資源循環に向けた取り組み
生物多様性への取り組み
環境技術への取り組み
環境リスクへの対応
グリーン購買、
グリーン配送の促進
環境コミュニケーション
CSR憲章Ⅲ
社会とのコミュニケーションと
社会貢献
インデックス
CSR指標
社会貢献活動
企業ボランティア活動
「“小さな灯”運動」
社会とのコミュニケーション活動
財団活動
CSR憲章Ⅳ
コンプライアンスの推進と
人権の尊重
インデックス
CSR指標
コンプライアンスの推進
人権啓発への取り組み
個人情報保護の取り組み
情報セキュリティ
お取引先の方などからの
相談・報告
CSR憲章Ⅴ
人間成長を目指した企業経営
インデックス
CSR指標
雇用
多様性の受容
ワーク・ライフ・バランス
人材育成と処遇
従業員と会社のコミュニケーション
安全衛生
ESGデータ集
環境パフォーマンスデータ
社会データ
ガバナンスデータ
報告について
CSR報告方針
外部からの評価・表彰
第三者意見・第三者検証
レポートダウンロード
創業110年の歩み
ガイドライン対照表
CSRレポート2018
用語集
目的別検索
アンケート
トピックス
バックナンバー
CSRサイトマップ