このページの本文へ移動します。

目的別検索 CSRコンテンツ一覧

CSR憲章Ⅲ社会とのコミュニケーションと社会貢献

財団活動

取り組みの背景・考え方

大阪ガスグループの企業ボランティア活動として1981年(国際障害者年)に始まった「“小さな灯”運動」等で行ってきた福祉活動を、より組織的、継続的に発展させるために、大阪ガスと関係会社、サービスショップ協会、風呂販売協力会、配管工事協会、工友会協議会の362社が基金を拠出し、創業80周年を記念して「大阪ガスグループ福祉財団」を1985年10月に設立しました。その活動は、高齢者を対象にした地域福祉活動や大学・医療機関で行われている調査・研究に対する「助成事業」と、高齢者の健康の維持・増進を目的とした「健康づくり事業」です。

また、大阪ガス国際交流財団は、1992年9月に当社が基本財産を全額拠出して設立し、2010年10月に、内閣府の認定を受けて公益財団法人に移行しました。財団の事業活動を通じて天然ガス産出国との相互理解をより一層深め、国際貢献に資するとともに、天然ガスの安定供給にも寄与することを目的に助成事業に取り組んでいます。

高齢者福祉 -(公財)大阪ガスグループ福祉財団

活力あふれる長寿社会をめざして

1985年に大阪ガスグループ各社の寄付で設立された(公財)大阪ガスグループ福祉財団は、「高齢者を対象とした福祉活動や調査・研究への助成事業」と「高齢者の健康維持・増進を目指す健康づくり事業」を両輪に、近畿2府4県で活動しています。

2016年度の高齢者福祉助成は120件(1,070万円)、調査・研究助成は16件(1,035万円)、健康づくり事業は204回実施し、参加者は14,755人でした。

2017年度は、高齢者福祉助成950万円、調査・研究助成650万円、健康づくり事業168回実施・11,600人参加を目標にしています。

高齢者福祉助成:音楽活動のための楽器助成

高齢者福祉助成:音楽活動のための楽器助成

健康づくり事業:ウォーキング大会

健康づくり事業:ウォーキング大会

(1)高齢者福祉助成

年度 件数(件) 金額(百万円)
1985〜2009 1,914 559
2010 63 9
2011 90 14
2012 96 13
2013 112 16
2014 103 12
2015 107 12
2016 120 11
累計 2,605 646

(2)調査・研究助成

年度 件数(件) 金額(百万円)
1985〜2009 469 294
2010 8 6
2011 16 15
2012 18 15
2013 20 19
2014 17 14
2015 19 13
2016 16 10
累計 583 386

(3)健康づくり事業

年度 開催数(回) 参加人数(人)
1985〜2009 3,927 294,202
2010 204 14,357
2011 222 16,361
2012 228 17,903
2013 230 16,614
2014 206 16,045
2015 223 16,787
2016 204 14,755
累計 5,444 407,024

ともに地域共生社会の実現へ

大阪市社会福祉協議会 企画調整担当部長 兼 福祉事業課長 中川 利樹

大阪市社会福祉協議会
企画調整担当部長 兼
福祉事業課長
中川 利樹 さま

大阪ガスグループ福祉財団には30年以上の長きにわたり、高齢者を対象とした地域福祉活動などへの助成事業に取り組んできていただいていることに対し、心から感謝を申し上げます。

地域社会や家族のつながりが希薄化し、地域の福祉課題は一層複雑・多様化、そして潜在化しています。課題があって困っていても、そのことを言い出せずにいる人が本当にたくさんおられると思います。既存のサービス、仕組みや活動だけでは解決に至らないことが多くなっているなかで、住民の方とともに地域社会全体で対応していく「我が事・丸ごと」地域共生社会の実現に向けた、国をあげての取り組みが進められています。

社会福祉協議会としても、地域の方々はもちろん、行政、民生委員・児童委員、社会福祉施設、関係機関、学校、NPO、企業などさまざまな領域の方々とともに、共通の認識を持って協働して具体的な活動を推し進めていくために、社会福祉協議会らしい責務を果たしていかなければなりません。

私も、地域の方々による高齢者食事サービス、ふれあい喫茶、サロン活動などに接してきましたが、大阪ガスグループ福祉財団からの助成は本当に喜ばれています。また、社会福祉協議会が助成手続きにかかわらせていただくことで、地域とのつながりを構築する一助にもなっています。今後ともご支援、ご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。 大阪ガスグループの皆さま方のますますのご発展をお祈り申し上げます。

国際貢献 -(公財)大阪ガス国際交流財団

天然ガス産出国との友好と相互理解を深める

(公財)大阪ガス国際交流財団は、南東アジアおよび大洋州地域の天然ガス産出国との国際相互理解の促進を目的に助成事業を行っています。2016年度は、インドネシアにおいて、学校への教育機材助成、学生300人への奨学金支給、試験研究助成、研修助成など合計1,291万円の助成を行いました。試験研究助成は、インドネシア大学・バンドン工科大学・ボゴール農業大学を対象に、エネルギー・環境分野の研究テーマに対して行いました。研修助成は、インドネシア大学大学院生2人を対象とした46日間の日本語短期留学研修や、テルブカ大学の教職員延べ47人を対象としたメディア教材開発研修に対して行いました。

またマレーシアにおいて、サラワク州遠隔地校への教育機材の助成、サラワク大学への試験研究助成、学生12人への奨学金支給など合計664万円の助成を行いました。 1992年の財団設立以来、25年間の助成総額は約4億8,000万円となりました。今後もこの地域における助成を通じて、わが国との国際相互理解を深め、国際親善に寄与することを目指して活動していきます。

助成活動範囲

助成活動範囲

累計助成金額(1992〜2016年度)

累計助成金額(1992〜2016年度)

助成金の推移(単年度)(単位:千円)

2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
教育機材 3,598 3,613 3,245 4,168 3,286
試験研究 5,112 5,191 5,939 6,413 5,506
奨学金 8,469 8,532 8,486 9,403 8,289
研修 4,744 6,937 5,525 6,793 6,577
合計 21,923 24,272 23,195 26,777 23,657

国際協力機構(JICA)との連携で東ティモールの産業人材育成に貢献

東ティモール大学での奨学金贈呈式

東ティモール大学での奨学金贈呈式

大阪ガス、および(公財)大阪ガス国際交流財団、国際協力機構(JICA)が2012年度から開始した国内初の東ティモール民主共和国における産業人材育成事業が4年目を迎えました。2016年度も東ティモール大学の学生30人を対象とする奨学金の支給(計171万円)を行いました。また、東ティモール大学の教員2人について、日本での短期研修の受け入れを実施しました。

当社は大阪ガス国際交流財団に寄付し、大阪ガス国際交流財団が本事業の実施とモニタリングを行っています。また、JICAはこれまでの東ティモールでの協力実績や人的ネットワークを活かし、先方政府との調整・事業実施支援を行っています。

本事業を通じ、東ティモール関係者による日本のビジネス・産業・学術に対する理解が促進されることも期待しています。

今後も、本事業を通して東ティモールの発展に貢献するとともに、日本と同国との友好関係強化および国際親善に取り組んでいきます。

引き続き良い関係を継続していけることを願っています

テルブカ大学訪問時(右から3人目がテルブカ大学学長 Tian Belawati さま)

テルブカ大学訪問時(右から3人目が
テルブカ大学学長 Tian Belawati さま)

テルブカ大学を代表して御礼申し上げます。当大学はオープン大学であり、インドネシアで最大規模を誇る大学であります。大阪ガス国際交流財団からは、その創立時、当時の江口理事ご在任の頃より援助いただいております。その助成金は主にマルチメディアプロダクションセンターに使わせていただいており、学習システムのクオリティー向上に貢献しています。その恩恵を、各地域の学校で教師をしながら当大学で学んでいる全国の学生が享受しています。大阪ガスがLNG契約を結ぶ地域であるカリマンタン、ボンタン、アチェといった地域でも、当大学の学生が学んでおります。OGFICE((公財)大阪ガス国際交流財団)から助成していただけることは幸運なことだと思っています。さらに、2004年に津波の被害に見舞われた際には、事務棟の建設ならびに事務機材購入に対する迅速な援助もしていただき、大変感謝しております。OGFICEの姿勢には大変感謝しております。引き続き良い関係を継続していけるものと思っています。

大阪ガスグループのCSR

トップコミットメント
大阪ガスグループの
経営とCSR
大阪ガスグループ
CSR方針集
特集 長期経営ビジョン2030・中期経営計画2020「Going Forward Beyond Borders」
持続可能な開発目標(SDGs)に
対する当社の考え方
コーポレート・ガバナンス
ステークホルダー
エンゲージメント
大阪ガスグループの
バリューチェーン
優先的な取り組み
CSR憲章Ⅰ
お客さま価値の創造
CSR憲章Ⅱ
環境との調和と
持続可能な社会への貢献
CSR憲章Ⅲ
社会とのコミュニケーションと
社会貢献
CSR憲章Ⅳ
コンプライアンスの推進と
人権の尊重
CSR憲章Ⅴ
人間成長を目指した企業経営
報告について
このページのトップへ戻る
トップコミットメント
大阪ガスグループの経営とCSR
大阪ガスグループ企業理念・
CSR憲章
大阪ガスグループ企業行動基準
国連グローバル・コンパクトと
ISO26000
長期経営ビジョン2030
中期経営計画2020
大阪ガスグループCSR方針集
特集
長期経営ビジョン2030・
中期経営計画2020
「Going Forward
Beyond Borders」
時代を超えて選ばれ続ける革新的な
エネルギー&サービスカンパニーへ
「長期経営ビジョン2030」の実現に
向けたCSRの取り組み
環境に配慮した事業経営により、
低炭素社会の実現に積極的に
貢献します
「お客さまの期待を超える」
サービスを提供し続けられる
人材育成と環境整備を進めます
持続可能な開発目標(SDGs)に
対する当社の考え方
コーポレート・ガバナンス
コーポレート・ガバナンス
リスクマネジメント
CSRマネジメント
ステークホルダー
エンゲージメント
ステークホルダーとの対話と協働
ステークホルダーへの対応
大阪ガスグループの
バリューチェーン
バリューチェーンにおける
CSRの取り組み
主なエネルギーバリューチェーンが
社会に与える影響とCSRの取り組み
サプライチェーンにおける
CSRの取り組み
電力・ガスシステム改革
優先的な取り組み
マテリアリティについて
顧客の安全衛生
製品・サービスの安全表示
エネルギー消費量/
大気への排出
排水および廃棄物
地域コミュニティ
顧客プライバシー
苦情処理の仕組み
サプライヤーの評価
CSR憲章Ⅰ
お客さま価値の創造
インデックス
CSR指標
安心・安全1 調達段階
安心・安全2 製造段階
安心・安全3 供給段階
安心・安全4 消費段階
お客さまの声を活かす
取り組み
マルチエネルギー事業への
取り組み
新たな価値提案
CSR憲章Ⅱ
環境との調和と持続可能な
社会への貢献
インデックス
CSR指標
環境経営
環境行動目標
大阪ガスグループ
バリューチェーンの環境負荷
低炭素社会実現に向けた
事業活動における貢献
低炭素社会実現に向けた
お客さま先での貢献
資源循環に向けた取り組み
生物多様性への取り組み
環境技術への取り組み
環境リスクへの対応
グリーン購買、
グリーン配送の促進
環境コミュニケーション
環境パフォーマンス・データ集
CSR憲章Ⅲ
社会とのコミュニケーションと
社会貢献
インデックス
CSR指標
企業ボランティア活動
「“小さな灯”運動」
社会貢献活動
社会とのコミュニケーション活動
財団活動
CSR憲章Ⅳ
コンプライアンスの推進と
人権の尊重
インデックス
CSR指標
コンプライアンスの推進
人権啓発への取り組み
個人情報保護の取り組み
情報セキュリティ
お取引先の方などからの
相談・報告
CSR憲章Ⅴ
人間成長を目指した企業経営
インデックス
CSR指標
雇用
多様性の受容
ワーク・ライフ・バランス
人材育成と処遇
従業員と会社のコミュニケーション
安全衛生
報告について
CSR報告方針
外部からの評価・表彰
第三者意見・第三者検証
レポートダウンロード
創業110年の歩み
ガイドライン対照表
CSRレポート2017
用語集
目的別検索
アンケート
トピックス
バックナンバー
CSRサイトマップ