このページの本文へ移動します。

目的別検索 CSRコンテンツ一覧

CSR憲章Ⅱ環境との調和と持続可能な社会への貢献

資源循環に向けた取り組み

特定したマテリアリティ

  • 排水および廃棄物

取り組みの背景・考え方

大阪ガスでは、循環型社会を目指し、リデュース、リユース、リサイクル(3R)を徹底し、資源消費の低減と廃棄物の削減、使用済資源の再使用・再生利用に努めています。都市ガス製造所でのゼロエミッションやガスメーターのリユース、ガス導管材料のリサイクル、ガス導管工事での掘削土の再生利用、使用済ガス機器のリサイクルなど、事業活動バリューチェーン全体での資源循環に取り組んでいます。

大阪ガスにおける資源の消費状況(※一部、サービスチェーン含む)

環境行動目標達成に向けて

産業廃棄物の最終処分率ゼロを目指していた製造所において、2016年度、やむを得ず最終処分せざるを得なくなったものが0.2t発生したため、最終処分率は0.1%(発生量:162t、最終処分量:0.2t)となりました。製造所以外の事業所における産業廃棄物の最終処分率は0.7%(発生量:2.704t、最終処分量:2.6t)と目標を達成しました。

2016年度の大阪ガスにおける一般廃棄物の最終処分率は2.6%(発生量:640t、最終処分量:17t)と目標を達成しました。2017年度も引き続き目標を達成するため、全社統合環境マネジメントシステム(EMS)においてPDCAサイクルを継続しています。

最終処分
法律で定められた場所に埋め立て処分すること。
廃棄物の推移

廃棄物の推移(t)

  2014年度 2015年度 2016年度
産業廃棄物 製造所 発生量 167.8 232.2 162.0
最終処分量 0.4 0.6 0.2
最終処分率 0.2% 0.3% 0.1%
製造所以外 発生量 2705.3 2882.1 2703.6
最終処分量 35.2 26.0 17.7
最終処分率 1.3% 0.9% 0.7%
一般廃棄物 発生量 788.5 707.3 640.3
最終処分量 18.0 17.0 16.8
最終処分率 2.3% 2.4% 2.6%

①大阪ガスの産業廃棄物量実績(t):金属くず、がれき類等

種類 主な具体的品名 発生量(a) 最終処分量(b) 最終処分率
(b/a)
2014 2015 2016 2014 2015 2016 2014 2015 2016
汚泥 排水汚泥 83 150 256 5 1 2 6% 1% 1%
廃油 潤滑油、洗浄油、食用廃油 87 116 77 1 1 2 1% 1% 3%
廃プラスチック ポリエチレン(PE)管くず、保温材、廃展示パネル 625 635 602 17 13 7 3% 2% 1%
金属くず 掘上管、フレキ管 920 1,089 639 6 2 2 1% 0% 0%
ガラスくず・コンクリートくずおよび陶磁器くず 廃蛍光灯、廃タイル 15 19 13 0 1 0 0% 3% 1%
がれき類 アスファルトがら、コンクリートがら 922 761 1,001 0 3 0 0% 0% 0%
その他 ゴム屑、廃防錆剤、使用済ガス機器 221 344 279 6 5 5 3% 2% 2%
大阪ガス合計 2,873 3,114 2,866 36 27 18 1% 0.9 0.6%
内訳 製造所 168 232 162 0 1 0 0% 0% 0%
事業所等 1,264 1,454 1,300 32 23 15 3% 2% 1%
お客さま先 1,441 1,428 1,404 3 3 3 0% 0% 0%

②サービスチェーンの産業廃棄物量実績(t):金属くず、ガラスくず等

主な具体的品名 発生量(a) 最終処分量(b) 最終処分率
(b/a)
2014 2015 2016 2014 2015 2016 2014 2015 2016
使用済ガス機器、使用済住宅設備機器 2,330 2,232 1,719 359 305 219 15% 14 13%

③都市ガス事業の産業廃棄物量実績(t)(=①+②)

発生量(a) 最終処分量(b) 最終処分率
(b/a)
2014 2015 2016 2014 2015 2016 2014 2015 2016
5,203 5,346 4,585 395 331 237 8% 6 5%
お客さま先の産業廃棄物
受注工事時のがれき類、掘上管、ポリエチレン(PE)管くず等。

一般産業廃棄物の種類別実績(t)

種類主な具体的品名 発生量(a)
2014 2015 2016
紙類 紙(コピー用紙) 20 14 11
新聞 48 42 39
雑誌・雑紙 171 121 106
ダンボール 180 168 141
機密書類 148 145 141
紙類小計 567 489 438
缶類 5 4 4
ビン類 5 4 4
厨芥類 94 97 90
プラスチック類 14 15 20
その他 103 98 84
一般廃棄物計 789 707 640

取水量

(千m³)

  2014年度 2015年度 2016年度
上水・工業用水 1,825 1,464 1,525
地下水 0 0 0
海水 399,885 390,721 398,016

排水量

(千m³)

  2014年度 2015年度 2016年度
下水への排水量 407 415 412
河川への排水量 0 0 0
海への排水量   401,112 391,629 398,994

関係会社における資源の消費状況

産業廃棄物の推移(t)

種類 主な具体的品名 発生量(a) 最終処分量(b) 最終処分率
(b/a)
2014 2015 2016 2014 2015 2016 2014 2015 2016
汚泥 排水汚泥 1,462 2,217 2,220 773 1,087 906 53% 49% 41%
廃油 潤滑油、洗浄油、食用廃油 150 182 235 3 4 71 2% 2% 30%
廃プラスチック フレコンバッグ、設備廃材 1,083 1,170 1,711 390 432 704 36% 37% 41%
金属くず 撤去設備、撤去管 810 1,000 1,238 73 149 493 9% 15% 40%
ガラスくず・コンクリートくずおよび陶磁器くず 廃蛍光灯、廃タイル、保温材 837 815 1,578 606 595 1,159 72% 73% 73%
がれき類 アスファルトがら、コンクリートがら 2,370 1,901 2,454 1,250 102 94 53% 5% 4%
その他 石炭灰、建設廃材 72,993 70,698 80,410 817 470 866 1% 1% 1%
関係会社合計 79,705 77,983 89,846 3,911 2,838 4,292 4.9% 3.6 4.8%
内訳 発電会社 41,634 42,705 51,592 556 729 567 1% 2% 1%
地域冷暖房会社 65 100 510 32 44 15 50% 44% 3%
その他 38,006 35,177 37,745 3,323 2,065 3,709 9% 6% 10%

取水量

(千m³)

  2014年度 2015年度 2016年度
上水・工業用水 9,014 9,085 9,602
地下水 1,985 3,553 3,475
海水 194,844 131,573 188,448

排水量

(千m³)

  2014年度 2015年度 2016年度
下水への排水量 1,232 1,360 1,377
河川への排水量 1,781 3,029 1,257
海への排水量   196,564 133,107 189,364

大阪ガスグループにおける資源循環の取り組み

ガス導管工事における掘削土の再生利用

ガス導管の埋設工事では、掘削土・アスファルト廃材の発生を抑制し、埋め戻しのための山砂の新規採取を削減することで、生態系への影響低減に寄与しています。掘削工事の面積を最小限にする「非開削工法」やガス導管を浅く埋設する「浅層埋設」の導入により、2016年度の掘削土発生量は、従来工法を採用した場合に比べて49万t減少しました。また、発生した掘削土の現場での再利用や再生材料(再生アスファルト・再生路盤材・再生土)の積極的な利用により、2016年度の再生利用率は89%となり、最終処分量は1.0万tに抑制しました。

(万t)

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
(1)従来工法による発生想定量 145 139 131 130 120
(2)発生抑制量 60 55 51 51 49
(3)発生量
((1)−(2))
85 84 80 80 71
(4)再生利用量 80 75 70 71 63
(5)再生利用率
((4)÷(3))
94% 90% 88% 89% 89%
(6)有効利用量 4 8 9 8 7
(7)最終処分量
((3)−(4)−(6))
0.7 1.0 1.2 1.1 1.0

掘削土の最終処分量と再生利用率

掘削土の最終処分量と再生利用率

大阪ガスの掘削土の再生利用

大阪ガスの掘削土およびガス導管の再生利用

非開削工法

非開削工法とは、ガス導管埋設部の両端のみを掘削し、ポリエチレン(PE)管を引き込んで埋設する工法です。

掘削土の発生量を抑制できるだけでなく、現場付近の交通障害等の軽減にもつながります。

バーミア工法

バーミア工法は、非開削工法の1つで、ポリエチレン(PE)管を長距離に敷設する工法です。

まず、ドリルの先端からジェット泥水を噴出して掘り進めやすいようにし、先端位置を地上から確認しながら、鋼鉄製のロッドを土中に挿入します。引き込み位置に到着後、PE管と接続し、ロッドを引き戻しながら、PE管を引き込みます。

非開削工法「バーミア工法」

非開削工法「バーミア工法」
  • バーミア工法の概要:100〜200AのPE管を非開削で新設する工法
  • 推進機:予定ルートの地中に貫通孔を設ける機械
  • 拡径リーマー:貫通孔をガス管サイズにする工具

浅層埋設の推進

ガス導管については、建設省ガイドラインにより、従来よりも浅い位置に埋設できるようになりました。

これによって、掘削幅も小幅となり、大幅な土砂排出量の削減・埋め戻し用山砂使用量の削減(環境破壊の防止)が可能になりました。

従来のガス導管工事と浅層埋設との比較

従来のガス導管工事と浅層埋設との比較

ガス導管材料のリサイクル

ポリエチレン(PE)管廃材は、主に供給管の防護カバーや導管の埋設位置を示す杭等に再生利用しています。2016年度は201tのPE管廃材が発生し、その全てを再生利用しました。また、鋼管・鋳鉄管廃材は、スクラップ鉄を原料とする製鉄会社や再生業者に販売することで再資源化しています。

PE管のリサイクル率(t)

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
回収量 191 215 198 200 201
再資源化量 191 215 198 200 201
再資源化率 100% 100% 100% 100% 100%

使用済みガス機器のリサイクル

給湯機本体と再資源化用の原料となる鉄

給湯機本体と再資源化用の原料となる鉄

回収した使用済みガス機器については、2016年度は1,017tを回収し、そのうち約90%を再生金属等に再生利用しました。

「e-サイクル」でマニフェストを電子化

大阪ガスグループでは、販売代理店・収集運搬業者・処分業者の3者をインターネットで結び、独自システム「e-サイクル」を運用し、販売代理店が回収した使用済みガス機器などを各業者が適正に処理したことを証明する「マニフェスト」を迅速に確認できるようにしています。

産業廃棄物の委託処理においては、適正な処理を推進する目的で「マニフェスト制度」を実施。産業廃棄物の処理を業者に委託する場合には、適正に回収・処理したことを証明する「マニフェスト(産業廃棄物管理票)」を業者に交付しなければなりません。

大阪ガスグループが独自に構築したシステム「e-サイクル」では、(公財)日本産業廃棄物処理振興センター(JWNET)とEDI接続することによりマニフェストを電子化して交付できるようにしています。

EDI
Electronic Data Interchangeの略。大阪ガスが独自に開発した「e-サイクル」システムサーバーと、JWNETのサーバー間で電子データを交換します。

家電リサイクル法への取り組み

ガス機器のなかで家電リサイクル法対象の家庭用ガスエアコンおよび衣類乾燥機については、法に則り適正に処理しています。

2016年度のリサイクル率は、家庭用ガスエアコンでは回収した総重量(約159t)の90%(法定基準80%)、衣類乾燥機では回収した総重量(約13t)の87%(法定基準82%)でした。

エアコン

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
再商品化等処理台数 5,780台 5,724台 4,624台 4,093台 3,870台
再商品化等重量(回収総重量) 242 t 240 t 193 t 170 t 159 t
再商品化重量 214 t 212 t 173 t 154 t 144 t
再商品化率 88% 88% 89% 90% 90%

衣類乾燥機

  2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
再商品化等処理台数 331台 516台 373台 345台 321台
再商品化等重量(回収総重量) 12 t 19 t 14 t 13 t 13 t
再商品化重量 9.8 t 16 t 12 t 12 t 11 t
再商品化率 82% 84% 85% 88% 87%

メーターリユース

使用開始10年後に分解したメーター

使用開始10年後に分解したメーター

リユースしたメーター

リユースしたメーター

大阪ガスでは、お客さまにご使用いただいたガスを量るために約700万個のガスメーターを設置しています。これらのメーターは計量法で10年毎に交換するよう定められています※1

使用開始から10年を経過したメーターは、分解・整備・検査を経て、新品同様の性能にしてから、再びお客さまのもとに設置する「リユース」に取り組んでいます。従来は、この整備を3回繰り返して40年間使い続けていましたが、メーカーと共同でガスメーターの寿命を耐久試験等※2で再評価した結果、さらに20年間使用し続けることができると判明。2009年度から整備を2回増やし、60年間使用することとしました。

ガスメーターは1台あたり約2kg※3アルミニウムを使用しており、これを再利用することで、新品製造に比べてCO2排出量を約80%※4削減することができ、20年間で総計8.5万tを削減できます。

※1 メーターの交換について
一部異なるメーターもあります(25号以上のメーターは7年毎)。
※2 耐久試験について
繰り返し試験、熱加速試験等。
※3 アルミニウム使用量の算出について
2.5号メーターから6号メーターの平均。
※4 CO2排出量の算出について
新品製造も再生アルミニウムとして試算。

使用済み警報器・機器梱包用発泡スチロールのリサイクル

従来、半数以上焼却・埋め立て処分していた使用済み警報器、機器梱包用発泡スチロールを2012年度から、廃棄物固形燃料(RPF)に全数リサイクルしています。

また、2014年11月からは、警報器の基板に含まれているレアメタル等を回収するとともに警報器樹脂についてもマテリアルリサイクルを実施しています。

使用済み警報器

使用済み警報器

使用済み機器梱包発泡スチロール

使用済み機器梱包発泡スチロール

廃棄物固形燃料(RPF)

廃棄物固形燃料(RPF)

リターナブル包装の導入を拡大

大阪ガスは、「グリーン購買指針」(2000年制定、2012年改定)に基づき、環境への負荷が少ない物品や工事を優先的に調達する「グリーン購買」をお取引先とともに推進しています。 ガス機器の梱包の省資源化も進めており、高効率給湯器「エコジョーズ」では、10回程度繰り返し使用できるリターナブル梱包を採用し、2012年度には戸建物件に加えて集合物件まで導入を拡大しました。2016年度実績では、リターナブル梱包の台数(1,595台)が、「エコジョーズ」出荷総数の2%程度となっています。

大阪ガスグループのCSR

トップコミットメント
大阪ガスグループの
経営とCSR
大阪ガスグループ
CSR方針集
特集 長期経営ビジョン2030・中期経営計画2020「Going Forward Beyond Borders」
持続可能な開発目標(SDGs)に
対する当社の考え方
コーポレート・ガバナンス
ステークホルダー
エンゲージメント
大阪ガスグループの
バリューチェーン
優先的な取り組み
CSR憲章Ⅰ
お客さま価値の創造
CSR憲章Ⅱ
環境との調和と
持続可能な社会への貢献
CSR憲章Ⅲ
社会とのコミュニケーションと
社会貢献
CSR憲章Ⅳ
コンプライアンスの推進と
人権の尊重
CSR憲章Ⅴ
人間成長を目指した企業経営
報告について
このページのトップへ戻る
トップコミットメント
大阪ガスグループの経営とCSR
大阪ガスグループ企業理念・
CSR憲章
大阪ガスグループ企業行動基準
国連グローバル・コンパクトと
ISO26000
長期経営ビジョン2030
中期経営計画2020
大阪ガスグループCSR方針集
特集
長期経営ビジョン2030・
中期経営計画2020
「Going Forward
Beyond Borders」
時代を超えて選ばれ続ける革新的な
エネルギー&サービスカンパニーへ
「長期経営ビジョン2030」の実現に
向けたCSRの取り組み
環境に配慮した事業経営により、
低炭素社会の実現に積極的に
貢献します
「お客さまの期待を超える」
サービスを提供し続けられる
人材育成と環境整備を進めます
持続可能な開発目標(SDGs)に
対する当社の考え方
コーポレート・ガバナンス
コーポレート・ガバナンス
リスクマネジメント
CSRマネジメント
ステークホルダー
エンゲージメント
ステークホルダーとの対話と協働
ステークホルダーへの対応
大阪ガスグループの
バリューチェーン
バリューチェーンにおける
CSRの取り組み
主なエネルギーバリューチェーンが
社会に与える影響とCSRの取り組み
サプライチェーンにおける
CSRの取り組み
電力・ガスシステム改革
優先的な取り組み
マテリアリティについて
顧客の安全衛生
製品・サービスの安全表示
エネルギー消費量/
大気への排出
排水および廃棄物
地域コミュニティ
顧客プライバシー
苦情処理の仕組み
サプライヤーの評価
CSR憲章Ⅰ
お客さま価値の創造
インデックス
CSR指標
安心・安全1 調達段階
安心・安全2 製造段階
安心・安全3 供給段階
安心・安全4 消費段階
お客さまの声を活かす
取り組み
マルチエネルギー事業への
取り組み
新たな価値提案
CSR憲章Ⅱ
環境との調和と持続可能な
社会への貢献
インデックス
CSR指標
環境経営
環境行動目標
大阪ガスグループ
バリューチェーンの環境負荷
低炭素社会実現に向けた
事業活動における貢献
低炭素社会実現に向けた
お客さま先での貢献
資源循環に向けた取り組み
生物多様性への取り組み
環境技術への取り組み
環境リスクへの対応
グリーン購買、
グリーン配送の促進
環境コミュニケーション
環境パフォーマンス・データ集
CSR憲章Ⅲ
社会とのコミュニケーションと
社会貢献
インデックス
CSR指標
企業ボランティア活動
「“小さな灯”運動」
社会貢献活動
社会とのコミュニケーション活動
財団活動
CSR憲章Ⅳ
コンプライアンスの推進と
人権の尊重
インデックス
CSR指標
コンプライアンスの推進
人権啓発への取り組み
個人情報保護の取り組み
情報セキュリティ
お取引先の方などからの
相談・報告
CSR憲章Ⅴ
人間成長を目指した企業経営
インデックス
CSR指標
雇用
多様性の受容
ワーク・ライフ・バランス
人材育成と処遇
従業員と会社のコミュニケーション
安全衛生
報告について
CSR報告方針
外部からの評価・表彰
第三者意見・第三者検証
レポートダウンロード
創業110年の歩み
ガイドライン対照表
CSRレポート2017
用語集
目的別検索
アンケート
トピックス
バックナンバー
CSRサイトマップ