このページの本文へ移動します。

目的別検索 CSRコンテンツ一覧

CSR憲章Ⅰお客さま価値の創造

新たな価値提案

取り組みの背景・考え方

大阪ガスグループは、近畿圏において都市ガスを安定的に供給しながら、周辺分野にも事業を広げ、地域とともに発展してきました。お客さまの暮らしやビジネスをさらに豊かにし、環境や社会に配慮した持続可能な開発と成長を実現するため、様々なステークホルダーと協働しながら新しい価値を創造し、多様なメニューや新技術をお客さまに提供していきます。

ガ、スマート!

天然ガス・ガス事業の環境性・先進性を訴求

ガ、スマート!

大阪ガスは、「天然ガスで、暮らしガ、街ガ、未来ガ、スマート」という思いを込めて、天然ガスおよびガス事業の環境性・先進性を訴求するコンセプトワード「ガ、スマート!」を2012年1月から導入しています。

「ガ、スマート!」という言葉には、環境負荷が低く埋蔵量が豊富で、セキュリティの向上にも資する天然ガスの高度利用により、お客さまの快適な生活と省エネルギーを両立し、低炭素社会に貢献していくという思いを込めています。

多彩な料金メニューサービス

省エネルギー性の高いガス設備の普及を目的にした「GAS得プラン」

大阪ガスでは、お使いのガス機器に応じてご契約いただけるお得な料金メニュー「GAS得プラン」をご用意しています。これは省エネルギー性の高いガス設備の普及を目的にした特約料金制度で、家庭用ガスエンジンコージェネレーションシステム「エコウィル」や、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」、ガス温水床暖房等の特定の機器をお使いのお客さまは、それぞれの機器に応じた割引料金が適用されます。また、その他のガス機器を組み合わせてご使用いただくことで、さらにオプション割引が適用される場合もあります。

2017年3月末現在、「GAS得プラン」は家庭用ガスのお客さま全体の約26%を占める、153万世帯でご利用いただいています。

また、2017年4月からは「一般料金」「エコジョーズ料金」をご使用のお客さまで、ガスをたくさんご利用になられているご家庭向けに、「もっと割料金」メニューを追加しました。

今後もお客さまのニーズに応じた最適なガス機器とお得な料金メニューのご提案に努めていきます。

お客さまのご利用状況に合った最適な電気料金プランをご用意

大阪ガスでは、お客さまのご利用状況に合わせた電気料金プランをご用意しています。一般のご家庭のお客さまどなたでもご加入いただける「ベースプランA」、GAS得プラン「もっと割料金」「床暖料金」「ハウス空調料金」にご契約のお客さま向けの「ベースプランA-G」、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」や家庭用ガスエンジンコージェネレーションシステム「エコウィル」をお使いいただいているお客さま向けの「家庭用ガス発電プラン」をはじめ、主に飲食店や商店、事務所等、関西電力従量電灯B相当をご契約のお客さま向けの「ベースプランB」や「ベースプランB-G」等をご用意しています。

「大阪ガスサービスショップ くらしプラス」によるお客さまへのサービス展開

地域のお客さまと当社をむすび、お客さまの暮らしを一層快適に

「大阪ガスサービスショップくらしプラス」

「大阪ガスサービスショップくらし
プラス」

「大阪ガスサービスショップ くらしプラス」は、大阪ガスと地域のお客さまを結ぶパートナー企業です。昭和30年代からガスの使用手続きなど当社からの委託業務のほか、ガス機器の販売・修理、浴室・キッチン等のリフォーム、火災警報器等の販売など、多彩なサービスを提供しています。

2009年度には「太陽光発電システム」や火災の監視・出動サービス「くるぴこ」の取り扱いも開始しました。

2017年3月末時点で、105店の「大阪ガスサービスショップ くらしプラス」が当社ガス供給エリア内に展開しています。

「らく得リース」や「らく得保証」など新しいサービスをご提供

Siセンサーコンロ

大阪ガスは、まとまった購入資金のご用意が不要で、月々のお支払いにより最新のガス機器、ガスコンロをご使用いただける「らく得リース」や、ガス給湯器、ガスコンロおよびガス温水暖房端末が故障した場合の無償修理や定期点検を最大10年間保証する「らく得保証」など、お客さまの暮らしを便利にするサービスを提供しています。

これまで多くのお客さまにご支持いただき、2017年3月末の「らく得リース」の累計加入者数は約3.6万件、「らく得保証」の累計加入者数は約56万件となりました。

お客さまのニーズにお応えする様々なサービス

「住ミカタ・サービス」開始
住まいに関する幅広いサービスをご提供し、安全で快適な暮らしに貢献

「住ミカタ・サービス」のロゴ

大阪ガスは、ご家庭のお客さまのより安全で快適な暮らしに貢献するため、ガスや電気のエネルギーに加え、住まいに関する幅広いサービスをご提供する「住ミカタ・サービス」を開始しました。

「住ミカタ・サービス」は、「水まわり修理」や「エアコン修理」「住まいの修理」などのメンテナンスサービスや、「ハウスクリーニング」「安心安全サポート」「リフォーム」などを提供しています。たとえば、「水まわり修理サービス」は大阪ガスサービスチェーンが迅速な受付・対応を行うとともに、ガス機器修理で培った確かな技術力を水まわり(キッチン、お風呂、洗面所、トイレ等)修理に活かします。

2017年度からは月々の定額料金をお支払いいただくことで、「住まいの駆けつけサービス」と「暮らし応援サービス」を提供するサービス「住ミカタ・プラス」を新たに開始しました。

「ekul」「HelloOG!」開始
業務用のお客さまとのつながりを強化するICTサービス

ekul、HelloOG!のロゴ

大阪ガスグループでは、業務用のお客さま向けに「エネフレックス」や「もっとsave」など、情報通信技術(ICT)を活用してエネルギーの“見える化”や省エネルギー制御等を行うサービスを展開してきました。

省エネルギー、省コスト、省力化への貢献に加え、様々な“見える化”ニーズにさらにお応えするため、2016年7月から「ekulイークル」のサービスを開始しました。「ekul」は、ガス・電気の使用量を即時に計測して情報をお知らせするほか、水道使用量や来店者数、温湿度等、様々なデータの追加計測が可能です。

また、総合エネルギー事業者として、当社が保有する情報から、お客さま別にお役立ち情報を発信する「HelloOG!ハローオージー」のサービスを開始しました。「HelloOG!」は、ガス・電気の使用量や料金情報を閲覧することができる無料の会員制ウェブサイトで、今後は、お客さまに最適な情報発信メニューを拡充していきます。

当社グループはこれからもお客さまの良きエネルギーパートナーとして、最適なソリューションを提案していきます。

お客さま向けウェブサイト

ウェブサイトでも、便利で使いやすく、暮らしに役立つ情報を提供

会員制サイト「マイ大阪ガス」
会員制サイト「マイ大阪ガス」

会員制ウェブサイト「マイ大阪ガス」

家庭用ガスや「大阪ガスの電気」のご契約者さまを対象に、利便性や満足度のさらなる向上を目指した会員制サイト「マイ大阪ガス」を2009年から運営しています。2017年3月には会員数が100万人に到達しました。

お客さま宅のガス・電気の使用量・料金情報、大阪ガスからの訪問予定、各種契約情報などをウェブサイトでご確認いただけるほか、ご家庭のCO2排出量が分かる「環境家計簿」機能やガス機器取扱説明書のダウンロード機能もご利用いただけます。また、エネルギーや省エネルギーに関する楽しいコンテンツを各種用意しているほか、さらにガス・電気料金確認を行うとポイントが貯まり、抽選プレゼント企画に参加することもできます。加えて「大阪ガスの電気」ご契約者さまは、1日単位・1時間単位の電気使用量の確認が可能な「でんきデイリーレポート」もご利用いただけます。

お客さま宅のガス・電気
電気の使用量・料金確認は「大阪ガスの電気」ご契約者さまのみご利用いただけます。
大阪ガスウェブサイト

大阪ガスグループでは、お客さまにエネルギーを無駄なく上手にご利用いただくため、各種媒体を通じて、省エネルギーに関する知識や身近な省エネルギー活動に役立つ情報等を提供しています。

大阪ガスのウェブサイトでは、「かしこいくらしのヒント図鑑」を掲載し、ご家庭でできる省エネルギー行動例やその効果も紹介しています。さらに、定期保安巡回時にお客さまに配布する「ガスご使用の手引き(あんしんガイド)」の内容をウェブサイトでもご確認いただけます。

また、皆さまに当社についてもっと知っていただき、もっと好きになっていただくために、「大阪ガス通信」では、ウェブサイトやFacebook、Twitterで当社グループの最新情報やトピックスをお届けしています。

科学的手法で新しいサービス価値を共創「行動観察」

行動観察の手法を様々な調査に活用

行動観察研究所のディスカッション風景

行動観察研究所のディスカッション風景

行動観察研究所のロゴ

大阪ガスは、ビジネスにイノベーションを起こす方法論として、「行動観察」に取り組んできました。「行動観察」とは、様々な“場”を幅広い観点で観察し、得られた事実や気づきを学術的な知見をもとに分析することで洞察を得て、その洞察に基づくソリューションを提案・実行する方法論で、特に「新しい価値創造」で応用されています。

2005年に「行動観察」ビジネスを開始してから、累計で1,000件以上の「行動観察」プロジェクトに関わり、オージス総研を通じて事業を展開しています。近年では、調査にとどまらず、経営者とともに新規事業など新たな価値創造に取り組むプロジェクトや、新価値創造の方法論(行動観察含む)のスクール事業など、イノベーションへのニーズが高まっています。

技術開発の推進と支援

地中のガス管や水道管等の位置を探査できるパイプロケーターを開発

大阪ガスは、フジテコム(株)と共同で、地中に埋設されたガス管等の位置を、より正確に効率良く探査できる「パイプロケーター」の新製品を11年ぶりに開発しました。

「パイプロケーター」は、道路工事等の際に、地中に埋設されたガス管や水道管、電力線、通信線の位置を、地上から磁気を用いて確認・特定し、掘削による埋設管等の破損を未然に防ぐ機器です。地中で曲がっている等、複雑な構造の埋設管であっても正確な探査ができるほか、様々な埋設物が密集している場所でも探査したい管だけを確実に探査する機能を搭載しています。

当社は全国のガス、水道、電力、通信等の事業者に対し、「パイプロケーター」の普及を通じて安心・安全な工事の実現に取り組んでいきます。

「パイプロケーター」
「パイプロケーター」は大阪ガスの登録商標です

「パイプロケーター」の探査方法

「パイプロケーター」の探査方法

ガス漏洩調査を行うカート式ガス検知器の新型を開発

カート式ガス検知器

カート式ガス検知器

GPS機能による表示

測定時のGPS機能による表示

大阪ガスは、新コスモス電機(株)と共同で、地中に埋設されたガス管からのガス漏洩調査を行う「カート式ガス検知器」の新製品を開発しました。

カート式ガス検知器は、手押しタイプの検知器で、地表面のガスを吸引することで漏洩を検知します。GPS機能や速度超過時警報機能により、調査結果を正確に記録し、漏洩調査の精度をより高めることができます。

当社は、お客さまに安心して安全なガスをお使いいただけるよう、本製品を全国のガス事業者へ普及させていくとともに、今後もガス検知器等のさらなる技術開発に取り組んでいきます。

オープン・イノベーション活動による技術開発の効率化を推進

オープン・イノベーション活動は、自社単独では解決できなかった技術開発課題に対して解決策を社外から見つけ、技術開発の効率化・スピードアップを図ることができる効果的な取り組みです。大阪ガスではこの取り組みを2009年から先駆的に行ってきました。

社外との連携を推進するにあたっては、従来あまり公開してこなかった社内の具体的な技術課題・技術ニーズを当社ウェブサイトやマッチング会社で公開して、外部からの技術シーズ(将来、実を結ぶ可能性のある技術の「種」)を募集しています。2009年度から本格的にオープン・イノベーション活動を始動し、2016年度までの8年間で約5,000件におよぶ技術提案が寄せられ、そのうち約250件の新しい連携が開始しています。また、実際に商品化や実用化につながった事例も出てきています。

これまでの活動により、大学・公的研究機関・中小企業・大手企業・ベンチャー企業・海外等、多様なパートナーとのネットワーク(オープン・イノベーション・プラットホーム) を構築し、拡充してきました。

今後も、これまでに構築したオープン・イノベーション・プラットホームを活用して、効率的な外部技術の導入を図るとともに、外部アライアンスパートナーとの共創により、新たな「研究開発テーマの創造」「新規事業の創造」を積極的に推進していく計画です。

オープン・イノベーションの仕組み

オープン・イノベーションの図

おいしさ・健康への取り組み

おいしさと健康性を追求する「おいしさLabo」を設置

おいしさLaboのロゴ
おいしさLaboのレター

ウェブサイトでLabo Letterとして公開

大阪ガスのエネルギー技術研究所は、2013年4月、所内に「おいしさ・健康調理ラボラトリー」〈おいしさLabo(ラボ)〉を設置し、「食材をどのように加熱すれば、おいしさと健康性を最大化できるのか?」を見つけることを目的に研究しています。研究成果はウェブサイト、Facebook、「大阪ガス通信」で発信しています。

ITを活用した新たなサービスを提案

(株)オージス総研
アジャイル開発でお客さまの開発スピードUP

大阪ガスグループの(株)オージス総研では、開発途上で動くソフトウェアを逐次作成し、お客さまからのフィードバック、開発上のリスク管理を行いながら都度、柔軟に仕様変更を加えて早期にソフトウェアを完成させるアジャイル開発に早くから取り組んでいます。

近年、市場の変化はますます速くなってきており、新製品や新システムを出してもすぐに陳腐化し、新しい機能や仕組みが次々と求められます。そのため、これまでのようにじっくり時間をかけて一つの製品やシステムを作成する手法では、完成した頃には市場環境が変わっていたというケースも珍しくありません。

そうした事態に陥らず、時代に合わせた製品をタイムリーに提供していくためには、小規模でもまずは動くものを早く作り、新しいニーズを確実に取り込みながら製品やシステムを早期に作り出せるアジャイル開発の手法が最適です。

2015年7月には、アジャイル開発トレーニングコースを拡充すべく、米国EBG Consulting, Inc.の教材を翻訳し、国内で初めて日本語のトレーニングの提供を開始しました。同時に、コベルコシステム(株)、アドソル日進(株)とともに日本でチームレベルを超えて、アジャイルを活用する際に直面する障害と解決策を共有することを目的としたエンタープライズアジャイル勉強会という団体を設立しました。2016年10月には、この団体の活動をまとめた書籍「エンタープライズアジャイルの可能性と実現への提言」を刊行しました。

(株)オージス総研では、このアジャイル開発により、お客さまのビジネスが激しい市場変化にも柔軟に対応できるよう、そして競争力を高めていただけるよう、サポートしていきます。

アジャイル開発のイメージ

データ分析・活用の専門部署が「情報化促進貢献個人等表彰」経済産業大臣賞を受賞

大阪ガスは、経済産業省をはじめとする6府省が連携し、情報化促進に大きく貢献した企業や個人を表彰する情報化促進貢献個人等表彰のうち、経済産業大臣賞を2016年10月に受賞しました。

当社のデータ分析・活用の専門部署(情報通信部ビジネスアナリシスセンター、以下「BAC」)の取り組みを評価されたことが今回の受賞につながりました。BACでは、データ分析を元に、専門家が各組織と協力しながら現場の業務プロセスの変革を支援しており、これまでガス機器の修理業務の効率化や設備オペレーションの最適化などを実現しています。 当社は、これからも積極的なIT活用を通じて、継続的な経営革新に努めていきます。

大阪ガスグループのCSR

トップコミットメント
大阪ガスグループの
経営とCSR
大阪ガスグループ
CSR方針集
特集 長期経営ビジョン2030・中期経営計画2020「Going Forward Beyond Borders」
持続可能な開発目標(SDGs)に
対する当社の考え方
コーポレート・ガバナンス
ステークホルダー
エンゲージメント
大阪ガスグループの
バリューチェーン
優先的な取り組み
CSR憲章Ⅰ
お客さま価値の創造
CSR憲章Ⅱ
環境との調和と
持続可能な社会への貢献
CSR憲章Ⅲ
社会とのコミュニケーションと
社会貢献
CSR憲章Ⅳ
コンプライアンスの推進と
人権の尊重
CSR憲章Ⅴ
人間成長を目指した企業経営
報告について
このページのトップへ戻る
トップコミットメント
大阪ガスグループの経営とCSR
大阪ガスグループ企業理念・
CSR憲章
大阪ガスグループ企業行動基準
国連グローバル・コンパクトと
ISO26000
長期経営ビジョン2030
中期経営計画2020
大阪ガスグループCSR方針集
特集
長期経営ビジョン2030・
中期経営計画2020
「Going Forward
Beyond Borders」
時代を超えて選ばれ続ける革新的な
エネルギー&サービスカンパニーへ
「長期経営ビジョン2030」の実現に
向けたCSRの取り組み
環境に配慮した事業経営により、
低炭素社会の実現に積極的に
貢献します
「お客さまの期待を超える」
サービスを提供し続けられる
人材育成と環境整備を進めます
持続可能な開発目標(SDGs)に
対する当社の考え方
コーポレート・ガバナンス
コーポレート・ガバナンス
リスクマネジメント
CSRマネジメント
ステークホルダー
エンゲージメント
ステークホルダーとの対話と協働
ステークホルダーへの対応
大阪ガスグループの
バリューチェーン
バリューチェーンにおける
CSRの取り組み
主なエネルギーバリューチェーンが
社会に与える影響とCSRの取り組み
サプライチェーンにおける
CSRの取り組み
電力・ガスシステム改革
優先的な取り組み
マテリアリティについて
顧客の安全衛生
製品・サービスの安全表示
エネルギー消費量/
大気への排出
排水および廃棄物
地域コミュニティ
顧客プライバシー
苦情処理の仕組み
サプライヤーの評価
CSR憲章Ⅰ
お客さま価値の創造
インデックス
CSR指標
安心・安全1 調達段階
安心・安全2 製造段階
安心・安全3 供給段階
安心・安全4 消費段階
お客さまの声を活かす
取り組み
マルチエネルギー事業への
取り組み
新たな価値提案
CSR憲章Ⅱ
環境との調和と持続可能な
社会への貢献
インデックス
CSR指標
環境経営
環境行動目標
大阪ガスグループ
バリューチェーンの環境負荷
低炭素社会実現に向けた
事業活動における貢献
低炭素社会実現に向けた
お客さま先での貢献
資源循環に向けた取り組み
生物多様性への取り組み
環境技術への取り組み
環境リスクへの対応
グリーン購買、
グリーン配送の促進
環境コミュニケーション
環境パフォーマンス・データ集
CSR憲章Ⅲ
社会とのコミュニケーションと
社会貢献
インデックス
CSR指標
企業ボランティア活動
「“小さな灯”運動」
社会貢献活動
社会とのコミュニケーション活動
財団活動
CSR憲章Ⅳ
コンプライアンスの推進と
人権の尊重
インデックス
CSR指標
コンプライアンスの推進
人権啓発への取り組み
個人情報保護の取り組み
情報セキュリティ
お取引先の方などからの
相談・報告
CSR憲章Ⅴ
人間成長を目指した企業経営
インデックス
CSR指標
雇用
多様性の受容
ワーク・ライフ・バランス
人材育成と処遇
従業員と会社のコミュニケーション
安全衛生
報告について
CSR報告方針
外部からの評価・表彰
第三者意見・第三者検証
レポートダウンロード
創業110年の歩み
ガイドライン対照表
CSRレポート2017
用語集
目的別検索
アンケート
トピックス
バックナンバー
CSRサイトマップ