このページの本文へ移動します。

大阪ガスについて

購買活動の行動基準

大阪ガスの購買部門では、購買活動においても、環境、社会の各面から企業に求められる社会的責任(CSR)を果たすことが重要であると考えています。このようなCSR購買の考え方のもと、次の事項を購買活動にあたっての行動基準としています。

1.コンプライアンスの徹底

購買取引を行うにあたって、当社は全ての関連法規(※)、それらの精神、社会規範および企業倫理を遵守し、社会の一員としての良識ある行動をすべきであると考えます。

  • ※各種の法令等に留まらず、企業の社会的責任を果たすうえで遵守すべき、労働や人権等に係る法規、国連グローバル・コンパクトの10原則(※※)等も含みます。

2.オープン

良質で安全かつ経済的な資機材等を適切な時期に購買するため、国内の企業はもとより、広く海外の企業とも取引する方針です。

3.公平・公正

取引先の選定は、資機材の品質、信頼性、価格、納期の確実性、アフターサービス、既設設備との整合性、技術的能力、経営状態、安全管理体制、企業の社会的責任(CSR)への取り組み姿勢等を総合的に勘案し、経済合理性に基づいて公平・公正に行います。

4.環境への配慮

環境との調和と持続可能な社会への貢献を目指し、経済的条件と環境負荷低減とのバランスを考慮し、グリーン購買を推進します。

5.相互信頼

取引先の皆さまとのコミュニケーションや公平で公正な購買取引を通じて、確かな信頼関係を醸成し、相互の発展を図ることに努めていきたいと考えています。経済的で安定した当社の事業活動は、当社と取引先の皆さまが相互信頼関係に基づいて、良質・安全な資機材等を適正な価格で、納期までに安定して納入していただくことにより、はじめて可能となると考えています。

※※ 国連グローバル・コンパクトの10原則
<人権>
原則1.企業はその影響の及ぶ範囲内で国際的に宣言されている人権の保護を支持し、尊重する。
原則2.人権侵害に加担しない。
<労働>
原則3.組合結成の自由と団体交渉の権利を実効あるものにする。
原則4.あらゆる形態の強制労働を排除する。
原則5.児童労働を実効的に廃止する。
原則6.雇用と職業に関する差別を撤廃する。
<環境>
原則7.環境問題の予防的なアプローチを支持する。
原則8.環境に関して一層の責任を担うためのイニシアティブをとる。
原則9.環境にやさしい技術の開発と普及を促進する。
<腐敗防止>
原則10.強要と賄賂を含むあらゆる形態の腐敗を防止するために取り組む。

2009年6月改定
1992年6月制定

ページトップ

企業案内

大阪ガスをもっと知る!

  • グループ会社一覧
  • IR情報
  • 技術開発情報

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。