このページの本文へ移動します。

沿革

明治

30年(1897) 資本金35万円をもって設立
38年(1905) 中之島本社社屋竣工
岩崎町工場竣工
ガスの供給開始

大正

13年(1924) 本社陳列場で定時料理講習会開始

昭和

8年(1933) 大阪ガスビルディング竣工(現在の南館)
15年(1940) 酉島工場操業開始
20年(1945) 第1次合併を実行
第2次合併を実行
24年(1949) 近畿コークス販売(株)(現 大阪ガスケミカル(株))設立
30年(1955) 第1回「ガス展」を開催
33年(1958)  マークを採用
39年(1964) 京阪神地区のカロリーアップ実施(3,600kcal/m3から4,500kcal/m3へ)
40年(1965) (株)大阪ガス不動産(現 大阪ガス都市開発(株))設立
41年(1966) 大阪ガスビルディング北館竣工
45年(1970) 千里中央地区で日本初の地域冷暖房事業開始
大阪万博に日本ガス協会が出展
天六ガス爆発事故
46年(1971) 泉北工場操業開始
47年(1972) 燃料電池ターゲット計画に参加
ブルネイLNG導入開始
50年(1975) 天然ガス転換開始(4,500kcal/m3から11,000kcal/m3へ)
52年(1977) インドネシアLNG導入開始
泉北製造所第二工場操業開始
54年(1979) 世界初の冷熱発電用プラント操業開始
55年(1980) 京阪神支社の指令室に緊急出動指令システム設置
57年(1982) 泉北ガス科学館開館
58年(1983) オージー情報システム(株)(現 (株)オージス総研)設立
59年(1984) 姫路製造所操業開始
60年(1985) (財)大阪ガスグループ福祉財団を設立
62年(1987) 小型GHP販売開始
マイコンメーター導入開始

平成

2年(1990) 天然ガス転換完了
4年(1992) (財)大阪ガス国際交流財団設立
「大阪ガス環境行動指針」を発表
5年(1993) 未来型実験集合住宅「NEXT21」竣工
7年(1995) 阪神・淡路大震災発生(約86万戸の都市ガス供給を停止)
8年(1996) 原料費調整(スライド)料金制度スタート
9年(1997) 一般家庭にマイコンメーター取り付け完了
12年(2000) 「大阪ガスグループ企業行動基準」制定
15年(2003) 供給ガスの熱量変更(11,000kcal/m3から10,750kcal/m3へ)
家庭用コージェネレーションシステム「エコウィル」の販売開始
16年(2004) 姫路製造所の発電設備が営業運転開始
18年(2006) 風力発電事業開始
「大阪ガスグループCSR憲章」制定
21年(2009) 泉北天然ガス発電所営業運転開始
家庭用燃料電池「エネファーム」販売開始
24年(2012) 自立運転機能付き家庭用燃料電池「エネファーム」販売開始
25年(2013) 大規模太陽光発電所運転開始
シンガポールでガス販売事業を開始
26年(2014) タイでのエネルギーサービス事業を開始
三重・滋賀ライン、姫路・岡山ラインが開通
27年(2015) hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)開館
28年(2016) 家庭用および小口業務用電力供給事業に参入
29年(2017) 都市ガスの小売全面自由化開始
30年(2018) 新グループブランド「Daigasグループ」導入

ページトップ

企業案内

大阪ガスをもっと知る!

  • グループ会社一覧
  • IR情報
  • 技術開発情報

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る