このページの本文へ移動します。

CSRの取り組み

より一層高い水準のCSR(社会的責任)を目指します。

Daigasグループは、「お客さま価値」の創造を第一に、これを「社会価値」「株主さま価値」「従業員価値」の創造に
つなげることを事業活動の指針としており、公正で透明な事業活動を通じて、4つの価値創造を実現することが、当社グループのCSR(社会的責任)を全うすることと考えています。

「DaigasグループCSR憲章」

ステークホルダーの期待に応え、企業の社会的責任を全うし、Daigasグループが持続的な発展を図っていくため、「DaigasグループCSR憲章」を定め、当社グループの役員および従業員の行動の指針としています。

DaigasグループCSR憲章
CSR憲章 1 お客さま価値の創造

Daigasグループは、天然ガスをコアとするマルチエネルギーの安定供給、保安の確保およびサービスの向上を通じて、お客さまの快適な暮らしとビジネスの発展に貢献していきます。あわせて、社会的に有用な商品・サービスの提供により、新しい価値の創造に挑戦し、お客さまとともに進化し発展し続ける企業グループを目指します。

CSR憲章 2 環境との調和と持続可能な社会への貢献

地域および地球規模の環境保全は、エネルギービジネスを中心に事業展開するDaigasグループにとって極めて重要な使命であります。Daigasグループは、我々のあらゆる活動が環境と深く関わっていることを認識し、その事業活動を通じて環境との調和を図り、エネルギーと資源の効率的利用を実現することによって、持続可能な社会の発展に貢献します。

CSR憲章 3 社会とのコミュニケーションと社会貢献

Daigasグループは、自らの企業活動を世の中に正しく理解していただくため、情報を積極的に公開し、経営の透明性を高めるとともに、社会とのコミュニケーションを推進します。また、良き企業市民として、地域社会に貢献するよう努めます。

CSR憲章 4 コンプライアンスの推進と人権の尊重

Daigasグループは、全ての役員および従業員が、コンプライアンスを確実に実施することで、社会からの信頼を得る健全な企業グループを目指します。コンプライアンスとは、法令遵守だけでなく、社会の一員としての良識ある行動までを含む幅広いものと捉え、お客さま、取引先さまなど全ての人々との公正な関係を維持し、人権の尊重に努めます。

CSR憲章 5 人間成長を目指した企業経営

Daigasグループは、雇用の確保を図るとともに、従業員の個性と自主性を尊重し、仕事を通じて人間的成長を図ることのできる企業を目指します。お客さま、社会、株主さまの期待に応える新しい価値の創造に向け、従業員がやりがいを持って仕事に挑戦し、成長するためのサポートを行います。

「持続可能な開発目標(SDGs)」への貢献

Daigasグループは、総合エネルギー事業者として気候変動の問題に取り組んでいきます。
持続可能なエネルギーの創出を通じて、産業発展やまちづくりへ貢献していきます。

「持続可能な開発目標(SDGs)」への貢献
持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)は、2015 年9月に国連本部で開かれた国連持続可能な開発サミットにおいて採択された「私たちの世界を変革する:持続可能な開発のための2030 アジェンダ」で掲げられた目標です。 ミレニアム開発目標(MDGs)に続く目標として、途上国だけでなく先進国も念頭におかれた17の目標と169のターゲットで構成されています。

「Daigasグループ企業行動基準」

Daigasグループにおけるコンプライアンスとは、グループ各社が法令遵守を中心としつつ、健全な倫理観に基づく良識ある企業行動を実践し、お客さま・従業員・社会・株主さまの信頼と共感を得てその期待に応え続けるということです。 Daigasグループ企業行動基準は、グループ各社がコンプライアンスを実現した経営を行うために、グループ各社で働く役員・従業員が、確実にとるべき行動の基準を示したものです。

Daigasグループの企業行動基準(2018年3月改定)
「Daigasグループダイバーシティ推進方針」

Daigasグループでは、「CSR憲章V」に定めるとおり、一人ひとりの個性や自主性を尊重し、人間成長の経営を目指しています。事業環境の変化に迅速かつ柔軟に対応し、更に持続的な発展を遂げるため、ダイバーシティ推進を重要課題と再認識し、2014年3月にダイバーシティ推進方針を制定。「ダイバーシティ経営企業100選」や、5期連続で「なでしこ銘柄」に選定されるなど、ダイバーシティ推進の積極的な取り組みが評価されています。

NADESHIKO BRAND 2018 DIVERSITY100 2015
Daigasグループダイバーシティ推進方針
社員が語るDaigasグループの取り組み
青少年育成と地域の絆づくりへの貢献 NOBY T&F CLUB

2010年4月から「スポーツを通した青少年の健全な成長」と「次世代を担うトップアスリートの育成」などを目的に、陸上クラブ NOBY T&F CLUB を運営しています。NOBYに集う会員の皆さんが尊重しあい親睦を深め、各々の目標に向かって頑張ることができる環境を提供することが私たち「世界」を体験したトップアスリートの使命と考えています。そして、皆さんとともに運動技術のみならず、様々な次世代育成やイベントを通じた地域の絆づくりに貢献していくことも目指しています。

  • 陸上クラブ NOBY T&F CLUB
  • 陸上クラブ NOBY T&F CLUB
  • 大阪ガス近畿圏部 朝原宣治マネージャー

ページトップ

企業案内

大阪ガスをもっと知る!

  • グループ会社一覧
  • IR情報
  • 技術開発情報

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る