このページの本文へ移動します。

技術開発 CSR・会社概要

CSRの取り組み

より一層高い水準のCSR(社会的責任)を目指します。

大阪ガスグループは、「お客さま価値」の創造を第一に、これを「社会価値」「株主さま価値」「従業員価値」の創造につなげることを事業活動の指針としており、公正で透明な事業活動を通じて、4つの価値創造を実現することが、当社グループのCSR(社会的責任)を全うすることと考えています。

「大阪ガスグループCSR憲章」

ステークホルダーの期待に応え、企業の社会的責任を全うし、大阪ガスグループが持続的な発展を図っていくため、「大阪ガスグループCSR憲章」を定め、当社グループの役員および従業員の行動の指針としています。

大阪ガスグループのCSR憲章

CSR憲章 1 お客さま価値の創造 大阪ガスグループは、天然ガスをコアとするマルチエネルギーの安定供給、保安の確保およびサービスの向上を通じて、お客さまの快適な暮らしとビジネスの発展に貢献していきます。あわせて、社会的に有用な商品・サービスの提供により、新しい価値の創造に挑戦し、お客さまとともに進化し発展し続ける企業グループを目指します。
CSR憲章 2 環境との調和と
持続可能な社会への貢献 地域および地球規模の環境保全は、エネルギービジネスを中心に事業展開する大阪ガスグループにとって極めて重要な使命であります。大阪ガスグループは、我々のあらゆる活動が環境と深く関わっていることを認識し、その事業活動を通じて環境との調和を図り、エネルギーと資源の効率的利用を実現することによって、持続可能な社会の発展に貢献します。
CSR憲章 3 社会とのコミュニケーションと
社会貢献 大阪ガスグループは、自らの企業活動を世の中に正しく理解していただくため、情報を積極的に公開し、経営の透明性を高めるとともに、社会とのコミュニケーションを推進します。また、良き企業市民として、地域社会に貢献するよう努めます。
  • 出張授業「くらし見直し隊」 エネルギー環境教育
  • 親子で食を学ぶ「チャリティファミリークッキング」 食育
  • 教材提供「考える防災教室」 次世代防災教育
CSR憲章 4 コンプライアンスの推進と
人権の尊重 大阪ガスグループは、全ての役員および従業員が、コンプライアンスを確実に実施することで、社会からの信頼を得る健全な企業グループを目指します。コンプライアンスとは、法令遵守だけでなく、社会の一員としての良識ある行動までを含む幅広いものと捉え、お客さま、取引先さまなど全ての人々との公正な関係を維持し、人権の尊重に努めます。
CSR憲章 5 人間成長を目指した企業経営 大阪ガスグループは、雇用の確保を図るとともに、従業員の個性と自主性を尊重し、仕事を通じて人間的成長を図ることのできる企業を目指します。お客さま、社会、株主さまの期待に応える新しい価値の創造に向け、従業員がやりがいを持って仕事に挑戦し、成長するためのサポートを行います。

「大阪ガスグループ企業行動基準」

ISO26000など、昨今の動向を踏まえ、「グローバルな事業活動における、各国・地域の法令、人権を含む国際規範の尊重」、「サプライチェーンへの社会的責任を踏まえた行動促進」の視点を反映させた「大阪ガスグループ企業行動基準」を制定しています。  大阪ガスグループ企業行動基準は、大阪ガスグループ各社がコンプライアンスを実現した経営を行うために、大阪ガスグループ各社で働く役員・従業員が、確実にとるべき行動の基準を示したものです。

大阪ガスグループの企業行動基準(2011年7月改定)
  • 1. 人権の尊重
  • 2. 安心して働ける職場づくり
  • 3. 法令等の遵守
  • 4. 公私のけじめ
  • 5. 各国・地域の法令、
     人権に関するものを含む各種の国際規範の尊重
  • 6. 環境保全への配慮
  • 7. 独占禁止法の遵守および公正な取引の実施
  • 8. 商品・サービスの提供
  • 9. 商品・サービスの安全性の確保
  • 10. お客さまとの応対
  • 11. 社会への貢献
  • 12. 関係先・取引先との交際
  • 13. 取引先への理解促進、協力の要請
  • 14. 情報・システムの取扱い
  • 15. 情報の公開
  • 16. 知的財産の取扱い
  • 17. 反社会的勢力との関係遮断、利益供与の禁止
  • 18. 適正な納税と経理処理

「大阪ガスグループダイバーシティ推進方針」

大阪ガスグループでは、「CSR憲章Ⅴ」に定めるとおり、一人ひとりの個性や自主性を尊重し、人間成長の経営を目指しています。事業環境の変化に迅速かつ柔軟に対応し、更に持続的な発展を遂げるため、ダイバーシティ推進を重要課題と再認識し、2014年3月に「大阪ガスグループダイバーシティ推進方針」を制定。「ダイバーシティ経営企業100選」や、2期連続で「なでしこ銘柄」に選定されるなど、ダイバーシティ推進の積極的な取り組みが評価されています。

NADESHIKO BRAND 2014
DIVERSITY 2015

ダイバーシティ推進方針

大阪ガスグループは、新しい価値を生み出せる強靭な組織づくりを通じて企業価値の向上を目指すために、ダイバーシティを推進します。

  • 性別、年齢、障がいの有無、国籍、雇用形態、ライフスタイル(※1)、宗教、性的指向(※2)/性自認(※3)などに関わらず多様な人材が、差別されることなく尊重しあい承認され、やりがいが感じられる企業グループを実現します。
  • 誰もが活躍できる環境基盤として、生産性の高い働き方を推進し、ワークライフバランスを追求します。

※1 ライフスタイル --- 育児・介護期間などライフステージにおける働き方
※2 性的指向 --- レズビアン・ゲイ・バイセクシャルなど
※3 性自認 --- トランスジェンダー(性同一性障がい者を含む)

ページトップ

企業案内

大阪ガスをもっと知る!

  • グループ会社一覧
  • IR情報
  • 技術開発情報

本文はここで終了です。本文先頭に戻ります。

このページのトップへ戻る